医学部予備校は普通の大手の予備校よりも高い

医学部専門だと合格に必要な内容だけ効率よく学べます

医学部専門だと合格に必要な内容だけ効率よく学べます厳しい受験勉強のモチベーションを維持するにも役立つ合格には何をすれば迷っているなら医学部専門の予備校へ通ってみた方がいい

一般的な大手の予備校と、医学部予備校というのもありますがこれは医学部受験に特化した指導を行います。
医学部の受験は厳しくなっていて合格倍率も高く、その中で戦って勝つには大変な努力が必要なだけでなく、より情報を知ってた方が有利になるとも言われてます。
難しい問題が回答出来るだけだと合格は難しく、そんな中で合格をつかみ取れる実力とそれへ導いてくれる情報を得るサポートをしてくれるのが医学部予備校です。
大手予備校は昔から知られている大人数の生徒がいて講義を受けるのが特徴で、講師一人が広い教室で数十人の生徒、人気がある講師だと数百人にもなります。
講師はカリキュラムにそって授業を進めていくので、わからないことがあっても質問などが出来ません。
授業が終わったら質問が出来ますが、行列へ並んで暫く待つ必要があります。
有名な講師や実力派の講師が多いので授業はわかりやすく、自分で予習や復習が出来るなら実力アップも出来ます。
医学部予備校だと10名以下の少人数で授業を受けて、講師と距離も近くてコミュニケーションがとりやすいです。
講師は各生徒ごとの得意なこと不得意なこと、正確まで把握するため的確な指導を行えます。
授業中でも気軽に質問などがしやすく、解答を求められたりするので集中力も途切れにくいです。
授業内容は大手だと受験科目の内容全般ですが、医学部専門だと医学部入試を研究して特化していて、合格に必要な内容だけ効率よく学べます。
大手の自習室は事前予約や指定席も取れずあくまで先着順で、夏休みなど利用する生徒が多いとオープン前から並んで順番を取らないといけません。
医学部向けだと自習スペースも各生徒分は確保されていて、専用のブースを割り当ててもらえると参考書やノートも置いておけるため、通学するときの荷物も減らせます。

医学部の童貞率は知らんけど、医学部予備校の童貞率は高いぞw

— 他責人 (@yatsuhashi5202) July 31, 2018

医学部予備校 高い / 全国の医学部進学予備校で人気の18校をまとめました